スポンサーリンク

EOS R7で野鳥撮影 朽木

今日は朽木野鳥を守る会の探鳥会があったので、行ってきました。

朽木 野鳥を守る会
「朽木 野鳥を守る会」は滋賀県高島市朽木の、絶滅危惧種の野鳥及び 渡り鳥に関する保護活動や繁殖事業を行い、自然豊かで野鳥あふれる「ふるさとの森」が復活するよう努めることを目的として、活動しています。

キビタキ

Canon EOS R7 800mm ƒ/5.6 1/2000s 1600 -2EV 

なんとか撮れた1枚、ただしっかり目にピントいってません。

今日はEOS R7が迷うことが多くて結構苦労しました 😛

ISOは1600ならまぁほとんど気にならないですね。

エナガ


Canon EOS R7 800mm ƒ/8 1/400s 100 -2EV 

エナガの家族?がいて忙しく動き回っていました。


Canon EOS R7 800mm ƒ/7.1 1/400s 100 -2EV 

若いエナガはこれはこれで配色が綺麗ですね。

目のまわりが赤いのと、ツートンカラーで恰好良い 😛

キセキレイ


Canon EOS R7 800mm ƒ/9 1/2000s 100 -2EV 

朝から夕方までひたすら鳴き続けているキセキレイがいました。

かなり大きな声で鳴いていたので何事かと。

まとめ

状況

昨日も朽木の別の場所に行っていて渋かったので、なんとなく渋いんだろうなと思ってましたが案の定でした 🙂

ツツドリもアオゲラもキビタキも声は遠くでしたりするものの、鳥の姿は全然なく。

まぁ…丁度いまは抱卵などで渋いタイミングだと思うので、6月入ったら改善しそうな予感。

帰りにアカゲラとサンコウチョウを見に行ったのですが二兎を追うものは…で、収穫なし。

同じタイミングで一緒になった方々は、サンコウチョウ撮れたそうです 🙂 声しなかったけどいるんだな…

装備

EOS R7 + EF800mm F5.6L IS USMで果たして散策できるのか…ということで頑張ってみました。

朝8:30くらいから夕方16:00くらいまで休憩はほんの少しで、7時間ほど歩き続けても一応は大丈夫でした。

流石に16:00時点では疲れ果てていましたが 😛

撮れ高は…撮る鳥があらわれないと測りようがないというやつです。

ただ今日は比較的EOS R7のトラッキングが外れることが多かった印象…なんでだろ。

あと、EOS R7でEF800mmのフォーカスプリセットが使えないのが地味にきいてきてますw

やはり散策で撮影する距離では焦点距離が長いので、大デフォーカスになる事がかなり多いですね。

追伸

気をつけてはいたんですが、帰宅後に足を見たら見事にヤマビルにやられてました😇

今期初ヤマビル…おそるべし。

タイトルとURLをコピーしました